G1TOWER(ジーワンタワー)


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 投稿リストへ戻る ] [ FAQ ]

投稿者 Webmaster 日時 2010 年 4 月 15 日 09:14:34:

茨城県ひたちなか市のエレベーター(昇降機)生産拠点で建設している研究塔「G1TOWER(ジーワンタワー)」が4月に完成する、と発表した。高さ213メートルで、韓国メーカーの研究塔(205メートル)を抜いて世界一になる。総投資額は約60億円。

新研究塔では、分速1080メートルの世界最高速のエレベーターや、約70人が乗れる積載質量5トンの世界最大級のエレベーターなどの実験を進める。

 新研究塔と同じ敷地内には、1967年に建設した高さ90メートルの研究塔があるが、老朽化に加え建築物の高層化・大規模化の進展に対応できなくなってきたことから、新塔を建設する。現在の研究棟も残す。新研究塔の名称は世界一(グローバルナンバーワン=G1)に由来する。

 国内エレベーター市場シェア(台数)では、日立は首位の三菱電機に次いで2位。三菱との差はわずか2%程度で、高速・大容量化で首位を奪取したい考えだ。




フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名 or ニックネーム:
E メール(省略可):

件名:

メッセージ:

関連リンクの URL (任意):
上記リンクの題名:
画像の URL (任意):


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 投稿リストへ戻る ] [ FAQ ]